カレーに試行錯誤

カレーと言うと結構手間がかかる印象があるが
実際に作ってみたら大した事はない
しかもお手軽で超うまい、ご飯も進む(4合メシを食いました)
何よりうれしいのは、洗い物が少ないこと(カレーだけあれば他は要らない)

私は市販のルーは使わずにカレー粉で作ってますが、
カレー粉で作ると本格度が増します。
かなりスパイシーでレストランのカレーのような味になります(お子ちゃまには刺激が強いと思う)

ただこのスパイシーさもカレー粉の量を調整したり、牛乳やバターで調整できますのでモウマンタイ(無問題)。
カレールーっていうのはカレー粉に小麦粉とかいろんな調味料を入れているからとろみがでて味がまろやかなのは当然
カレールーとカレー粉どっちが良いかは好みの問題なので甲乙つけられないのですがカレーが好きなら両方食べ比べて欲しいとは思います。
カレーを語るのはここまで、作り方本編じゃ

○材料
カレー粉
玉ねぎ
人参
肉(スジ肉やカタマリ肉のように煮込まないと固くて食えねーけど煮込むとホロホロする系が良い)
塩系のもの(めんつゆ、醤油、ナンプラー、コンソメなんでも良いよ)

値段はそんなに安いってわけでもないんだけど
レストランクラスのカレーがこの値段で食えちゃうから
コスパは抜群なんですよ(オレは依存症レベルでリピートしております)

ご飯がとにかく進むので満腹単価がかなーり安い

外食なんて止めちまえ
アイツラは
客の喜ぶ顔が欲しくて料理を作ってるんじゃねぇ
金が欲しくて料理を作ってるだけだ
自炊こそ正義

少々言い過ぎた気もしますが。バイト君はこういう動機の人が結構いるはず

しかーし、たまには外食もしてください
味付けや調理、材料の使い方等いろいろ勉強になりますし
自炊の素晴らしさを再確認できる

○調理器具
圧力鍋(マスト)

以上、これだけで十分美味く作れます。
野菜や肉からしみ出てくるエキスが良い隠し味になるからです
ホロホロお肉なんて最高ですから
だからこそ野菜や肉には少しこだわりましょう
こだわるって言っても 高いものじゃなくて良いです。
野菜は新鮮なもの、肉はカレー用とかスジ肉のような焼くと硬いけど煮込むと柔らかくなるのがオススメ。

あと圧力鍋がなければ普通の鍋で小一時間時間コトコト煮込むのもありなんですけど
圧力鍋を使うと通常の10倍の速さで美味いカレーが出来上がります
だからこそ圧力鍋はマストなのです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました