台湾語学留学を語る

今は飛行機のチケットが安くなったっていうのもあるし
何より情報が豊富
不安定な社会情勢、雇用情勢ということで
己のスキルを磨くためだったり
仕事クビになっちゃったから自己成長という名目の現実逃避だったりで
語学留学を検討している人は結構いると思う

渡航先はどこへ
英語だとアメリカ、オーストラリアや学費の安いフィリピンや南の島になるのだろうか
英語以外だと話者数の多い中国語やスペイン語になると思います

オレの場合は中国語をやっておりましたが
中国語をやるなら台湾or中国(大陸)の二択になると思います

オレは台湾を選びましたが、台湾で良かったと思えるし
他の人にも台湾をオススメするつもりです
ちょっと長くなったんで今日はここまで
留学ネタや台湾生活ネタはポチポチブログで語ってこうと思います

ちなみに留学の効果ってあるんですか?

なので金なんてかけなくても語学は磨けるよ
オレが直接接して来た人たちの中でも
留学せずに外国語が達者な人もいますし
逆に留学しても話せない人はごまんといます

いい例が国際結婚ですが
結婚しても相手の言葉が話せない人はたくさんいるでしょ(オレの周りにもいます)
相手の言っていることはなんとなく分かる(かもしれない)
でも話せない というパターンは結構ある

それに言葉の微妙なニュアンスや心情を把握するのって
母語話者が自分の国の言葉を使っていても難しいわけ
外国語ならそのハードルが上がるのは尚更ですよね

だから夢の国際結婚なんていうけど
挫折や諦め、後悔している人は結構いますよ
国際結婚っていうのは寛容か鈍感じゃないと出来ないんじゃないですかね
(寛容も鈍感も同じようなもんだけどな)

語学っていうのは学習環境より本人の素質がまず第一なのよ
また言語獲得には適正年齢があるんだけど、これはやや専門的になるので割愛
ざっくり語学に向いている人を言っちゃうと
・人とコミュニケーションを取るのが好き
・好奇心がある
・音感が良い

ね、環境って言うより本人の性格に依る部分が大きいでしょ

ちなみに語学やメンズより女性の方が向いています
なのでやってみてください
ただ教える方がメンズの方が向いてますね

男は理論的や体系的に物事を捉えるから
教えるのに向いてるんです
女性の場合は抽象化しちゃったり根性論(これはこういうものだから憶えてください)で
教える傾向が強いので、教わる側が符に落ちないことが多いんですよね。

まぁそんなわけでメンズもレディースも語学に興味のある人はやってみてくださいな
資格や仕事に結びつかなくても知識や教養にはなります
あとやってみて気づくのは外国語より日本語に詳しくなる、敏感になるということでしょうね

オレってこんなに日本語を分かってなかったんだ

これは外国語を勉強したり、外国人に日本語を教える時に気づくことになると思います

留学なんてのただの自己満足

経験者のオレが言うんだから間違いない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました