学歴コンプレックスについて考える

オレはある、昔からある、物凄くある。
しかし同時に学歴崇拝を下品なもの、悪しきものと捉えている自分がいて
学歴崇拝というのは偶像崇拝と部分的に通じるものを感じているのも確か

別にこれを解明したからってどうってことも無いのだが
気になると言えば気になるし、何年もこの状態だったからこの機会に考えを整理してみる

知識や知恵や賢さの指標を偏差値や出身校で一元化してしまうのはナンセンス

知や情報処理において何が重要、何が必要かは状況によって異なる

何れにせよ学歴を崇拝するやつはキライだし
学歴を鼻にかけるやつはもっとキライである
こいつらは何も分かってない大バカとしか思っていない

学歴至上主義、偏差値至上主義は
勘違い大バカ野郎の自己満足でしか無い

無知の知であり

全てを分かるなどと言うことは

現段階の人類には不可能なのである

可能ならば地球上の諸問題は既に解決されているか

地球から生物は消滅しているはずだから

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました