句読点を打つべきか

今の時代の文章作成はコンピューター上で入力、表示するケースの方が多かろう

文章を打ち込んでいて悩ましいのは
表題の通り句読点の入力であり
オレは電子媒体を使うときは句読点は面倒だから使いたくない

電子媒体なら紙の節約云々を考える必要はなく
理解の正確性や可読性、ドキュメント生産性を上げることが重要だとオレは思っている

区切りのいいところで適度に改行を入れて段落と段落の間に一行改行を入れる
これがオレのスタイルだけど
こうなってくると改行や空間が句読点の代わりだから
これらは要らなくなってくる

打ち込みをするときにも句読点の入力は少々面倒でリズムが乱れるから
あまりやりたくなかったりする

とはいえビジネスや公的文書だとしっかり句読点は打たねばならないから面倒だ

結局どちらが良いのかという結論は無いのだが
ケースバイケースで使い分けだし
文章は正しく表現する、相手が正しく理解できるが大事だろうから
いいスタイルがあれば積極的に受け入れていってよいと思っている。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました