もう会うことの無い友人(某S氏)を語る~一度バトったが復縁、しかし家が遠くて結局フェードアウト

アタマが良くて普通にイイ人
一生の友になれるポテンシャルの合った彼ですが
「家が遠い(オレが実家に引っ越したから)」っちゅうことでフェードアウト
これだけオレが会いたいと思える友人っていうのは
4、5年に一人レベルなので今でも惜しい事したなぁとは思っております

アタマの良さっていうのは
学歴もあるんだけど
人の心や状況を理解出来る人だったんで
話しして楽でしたね
「おっ、この人話しが通じる」みたいな

よくいるんですよ
分かったつもりになって分かって無い、通じてないないやつって
例えば家族や交友関係、仕事や学校でも良いけどこの手の話題で
相手の悩みや問題の論点っていうのは
主観や当事者利益の問題なんですよね

だから客観的に見れば
お互い合っている部分もあるし間違っている部分もある
そこを認めないと落とし所は見えてこないんだけど
当事者だったり彼らの支持者っていうのは
中立や客観で物事が見れない

だから表面的には話し合いをしても
何もまとまらず不快感だけが残って結局何も解決しない

という人がオレが出会ってきた人たちの大半なんだけど
彼はそれがなくて現状を客観的に見れるし
人間っていうもの(俗っぽかったり、汚い部分)を理解している

久々なんじゃないでしょうか
オレが警戒レベルを下げたり、オブラートを半分溶かして話が出来たのは

一度バトったのは何故かというと
女の子絡み
オレが彼の好きな女の子と(友人として)仲良く喋ってて
その時の態度が彼の気に触れたから

オレも反省する部分は5%くらいはあったけど
あの当時は彼もオレも含めてある人のトラブルに巻き込まれていたから
皆さん心は殺伐としてたんですよ
あれは起こるべくして起こったみたいな感じでしたね

そんなわけで異性絡みのトラブルで自分が当事者になると
理性もへったくれもなくなるのは仕方のない事(オレも逆なら同じことをやったでしょう)
愛は強力だけど恋も負けずに超強力

愛と恋の違いってなんですか?

Don’t think. FEEL!

イヤ、多少は考えるものでもある。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました