言語交換の友人を探す ネットで探す

今の勢力は分かりませんが
日台のお友達探しですと
有名どころがオレの知ってる限り2つあります。
調べりゃ分かると思いますが
別に宣伝するつもりはないので割愛します

まっ、分かんなかったら連絡ください

オシ!サイトは見つけた
じゃあどうやって相手を探すか
どうやって相手を選ぶかですよね

待ちと攻め(こっちから申し込む)両方あると思います
オレはどっちも何度か会うまでの実績は複数人数であるので
結構戦略的にやったのでアポ率もそこそこだったと思います

とくに警戒されやすい若い女性とのアポ率は悪くなかったですよ

では紹介しましょう

というか自分が読んでも
この人面白そうとか興味あるとかこの人の力になりたい
と思える文章をかけないとダメですよ

ここで必要なのは文章力
だって最初のやりとりはメールや掲示板ですから

細かくは書きませんが
心がけたことをダイジェストに
・自己紹介文は他の人より長く(相手にイメージしてもらう、判断材料は豊富に)
・言語交換相手を探している目的や必要性を書く
・どんな人を探しているのか書く
・門戸は広く年齢性別問わず(エロやビジネス、出会い目的では無いことをアピール)
・下手でも間違っててもいいから中国語で(返信率がダンチ)

一見難しそうですが
目的や信念があれば自然と出来るはずです
できそうもない、分からないという人は連絡ください
力になれるか分かりませんが、私の出来る範囲で相談には乗りましょう

さて
これは言語交換の相手探しに限らず
人付き合い全般に言えることだと思いますが

相手の目線で自分を見る
相手に何かを与える
自分のなかの目的をはっきりさせる

そのためには自分を正確かつ客観的に分析しないといけないわけです

あとこれに並んで大事なのは
下心は徹底的に排除

エロや出会いを期待するのは本能や本性だから仕方ない
これを否定するつもりはありませんし相手も多少は下心があるはずです

しかしこれを全面に出してしまうと
嫌悪感が生まれ気づくとお互い消耗したり傷つくのものです

本当にいい交友関係なら
こうした欲を突破することが出来るようになるので
(というか関係を維持したくなるので自然と欲を排除され理性が働く)

特に異性を相手する時は欲を制して
自分の良い部分を発揮してください

君子の交わりは淡きこと水の如し です

ここを中心に物事を考えて行動していけば
選ばれるようになるのではないでしょうか

フツーに考えて
自己中なヤツが人から選ばれるわけねーだろ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました