台湾で暮らすならこれ持ってけ~耳栓

防音のしっかりしている高級住宅ならモウマンタイ(無問題)でしょうが
カネに困らない駐在さん以外はそうもいかないない人が大半でしょう
留学生なんてレ○パ○スレベルの住宅がやっとのことと思います

結論から書いちゃいますと
台北ってクソうるさいんですよ
(台北以外は? ちょっと待て!それは後で書く)
山奥いけばそれ程でもないと思うけど
台湾は全般的にうるさいはずです
特に外国人が済むところは基本的に交通アクセスが良かったり
マンションやアパートのような集合住宅が多いので

ほぼ確実に騒音問題に悩まされると思います

台湾でも購入可能であろう耳栓を
なぜわざわざ日本で買って持っていく必要がある

理由は簡単

台湾では良い耳栓が入手できないから

もちろん台湾で耳栓を買うことは可能です
ただお店だと商品の選択肢は少ないので
台湾ヤフオクで買うのがオススメ
しかし日本で買うよりお値段はちょい高いし、種類も少ないので
結局は日本で買うのがベスト、かさばるものじゃないですし
スキルがある人は品種の豊富なアメリカから買って台湾に発送するのもありかと

オレが使ってたのはシリコン耳栓
これは汚れやすいけど
上手く使えばあらって何度も使えるので
コスパは抜群です

ドア閉めの衝撃音が酷い時はイヤーマフを併用してました

騒音源について書きましょう

・足音がデカイ
・地声がデカイ(中国語は日本語と違い腹式呼吸だから尚更音が響く)
・バカみたいに電話する
・ドア閉めの音がデカイ(叩きつけるような締め方をする輩が多い)
・バイクが四六時中クソうるさい
・新年の時は爆竹が2週間近くやかましい
・セクスの声がマジでデカイ
・鉄扉を閉める音はライフルレベル
・深夜、早朝に洗濯機をガンガン回す
・エアコンの室外機がうるさいしかも家が揺れる
(防音、防振対策は無駄なコストとみなされるので、室外機を直置きにすることが多い)

こっちの人は羞恥心に乏しくまた音に寛容(鈍感)で
オカネが第一、家族が第一、自分さえ良ければ他人のことはどうでもいいという
快楽主義、ご都合主義、自分中心主義の人が多いので

他人を思いやり空気を読む気質のある日本人にとっては
「うっせーな(クソ野郎)」と思う事が多いかと思います

あと耳栓をするほどでも無いですが

犬食いクチャラー率の高さは尋常じゃない

テーブルマナーが発達しないのも納得

「台湾っていいとこなんですか?」(by 一般の人)

旅行するには最高だけど

生活するには思ったほど良くないですよ

やっぱり日本が一番(税金が高いけど)

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました