少し太ってきたから今日は断食する

昨日はパスタを500g(乾燥状態)食う
具材込で計量すると総量は2.9Kg
鍋が1.2Kgだから約1.7Kg食ったということか

三食分の食事を一度に食ったので
分割すると、ものすごく多いわけでもないのだろうが
それでも4人家族で使うような鍋いっぱいの炭水化物を一度の食事で摂取するのは
なかなかしんどかった

中盤まではペースを落とさず食えたものの
後半はなかなかきつく
お湯を飲んでは一休みして再チャレンジ

なかなか麺が減らず
今回は残して夕食にしようかという思いもよぎったが
麺類の温め直しは味がかなり落ちるからそれはやりたくない
何が何でも食わねばと根性を発揮する

ペースはどんどん落ちる
一口食べてはお湯を飲みひとやすみ
これを繰り返す。食べ始めから1時間以上経ったのだろうか

なんとか麺を食い終えることは出来たが
具材が結構残っており、心の中でため息が出る

具材はひき肉とナスとにんにく、玉ねぎ、長ネギとしめじ
これを粉末のコンソメとオリーブオイル炒めたもので
シンプルな味だが味付けがシンプルな分素材の風味が分かりやすくなかなか美味しいのだ

肉の焼き方が良くないのか
肉質自体が良くないのか肉の味はイマイチである
牛と豚のミックスなのだけれど国産とはいえ解凍肉なんだよね

だからジューシーさがまったくなくて
その点を計算してややレア気味に火を通したんだけど
それでもボソボソとパサツイた食感

だから味がOKでも肉の風味が足を引っ張っていたのが苦しかった
とはいえ何とか完食
食い物を残すことを良しとしないオレのプライドは保たれた

前置きは長くなったが
昨日はとにかくたくさん食べたと言うことだ

あれだけ食えばしばらく食べなくても大丈夫だろうと思われるが
コメと比べて麺類は消化が速いせいかあれだけ大量に食ったにも関わらず一日すると
空腹感が戻ってくる

しかし、腹は最近出てきている
体重計で測ったら数値にも出てきている
ズボンは太もも辺りがだんだんきつくなり始めている

かといって日々身体を動かしているわけではない

つまりはそろそろ食事制限をしないとまずいなと思い
今日は食わないことにしたのである

断食自体はそこそこ慣れているから問題はない
去年一昨年なんかは2、3日の断食はちょくちょくやっていたし
日頃の食事もおかゆを一日1、2杯だったりしたから
空腹感に対しては人3倍位の耐性があるつもり

とはいえ久々の断食だからやってみると中々キツイ
止むことのない空腹感をひたすら白湯でごまかす

胃はスカスカ、おかげで胃壁にダイレクトに暖かいお湯が触れる感触が分かる

オレの場合の話だから他にも該当するか分からんが
断食で辛いのは深夜である
太陽が出ていると空腹感はそれ程でもない
他の作業でごまかしが効くのもあるかもしれない

夜食という言葉あるくらいだから真夜中というのは
食欲を催しやすいのかもしれない
昼は活動し
夜は影響を摂取するという
動物的な本能や合理的なメカニズムによる作用なのかもしれないが

とにかく真夜中は食欲との戦いだ

時々空腹感が軽減されることがある
この時は呼吸が深い事が多いのだが
オレの勝手な分析だと
深呼吸時は体内脂肪を燃焼させて栄養に変えているのでは無いかと思っている

昔どっかの栄養学の記事で調べたが
炭水化物と比べて脂肪を代謝するにはより多くの酸素が必要になるそうだ
つまり体内脂肪を代謝するために呼吸を深くしているのかもしれないし
逆に呼吸が深くなったから摂取酸素量が増えて脂肪を代謝していると考えることも出来る

まぁ細かいことはどうでもいい

こんな類のことを
今も腹をすかしながら書いているのである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました