ホンモノのカレーにカツは不要

最近ずっとカレーを作っている
オレが作っているのは市販のカレールーではなく
スパイスだけのインド式に近いカレー

これだと小麦粉を使わない分とろみがでないように思われるが
野菜や肉を多めに使っているせいもあって
出来たてはさらっとしているものの(これはこれでスープカレーに近いので良い)
二日目になると野菜や肉の脂身がとけてかなりとろっとしたカレーになる

初日はスパイスの味が直球過ぎて人によっては食べづらいかもしれないが
一晩寝かせると初日のダイレクトなスパイシー感が薄まり
一方肉や野菜の旨味がルーに溶け込むから
かなりいい感じになって
味はレストランレベルまで格上げされる
カレーはスゴイと言うか煮込み料理はスゴイと思ってしまう

煮込み料理の本番は
当日ではなく二日目にある

食ってて思ったのは
ここまで味が本格的だとカツのような余計なトッピングは
純粋にカレーを味わう上で邪魔になる気がするのよね
検証したわけではないけどオレの意識がそう認識したわけ

とはいえ
日本のトロッとしたルータイプのカレーとカツの相性が良いのは確か
カツカレーは正義ですよ

そんなわけでオレが作っているスパイスオンリーのカレーも
カツと一緒に食べたら結構美味いかもしれない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました