牛すじカレー より 牛すじの処理を考える

牛すじカレーに最近凝っている
流石スジ肉
圧力鍋にかけてしっかり煮込むと柔らかホロホロになって適度にこってりオイリーだから
もの凄くご飯がススム、特に二日目は煮込みが進み野菜がいい感じで溶けて、肉の旨味が更に引き出され
美味さマックスなのであるが
同じ牛スジでも産地によって臭みが出るときと出ないときがある
臭いの出る時は獣感の強い牛革ベルトや墨汁のような臭いがして
これが一日二日部屋はもちろん体内にも充満するから困っていた

経験則的には国産だと臭みが出なくて
アメリカ産だと臭みが出る傾向にある
オージーは中間くらいかな

後で調べてみたらやはり産地によって臭いは違ってくるそうで
原因は食べている餌によるという情報を見つけたから
オレの嗅覚は間違ってないと思った

臭いが出ないときがあるから
下処理を忘れてしまい後になって後悔するわけだが
同じ失敗を繰り返さないためにこの場を借りて書く

とにかく下ごしらえについてメモ
ミルクや香辛料に漬け込んだり酒で茹でたりいろいろ方法があるけど
これだとコストもかかるし漬け汁を捨てるのがもったいないので
楽でエコな方法をチョイス

お湯で2、3分下茹で(塩を入れても良いかもね)
表面の色が火が通ったときの色に変わる程度

以上

1回しか試してないけど
この時は臭みが出なかったな
オレの場合は魚の煮物もよくやるけど

下茹でした時は悪臭問題に悩まされないから
下茹での効果はあると思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました