情報密度や価値を考える

先に結論をいっておくと
この記事はタイトルとオレの期待に反して情報密度が低く価値も微妙になってしまった
面白い内容になると思ったが文字数の割には不完全燃焼の出来であった
とはいえボツにするのももったいないのでやっぱり公開する

ユーチューブやブログ広告で小遣い稼ぎなんていうことを考えていたが
いざやってみるとこれがなかなか難しい
なかなかどころではなく非常に難しい

トップクラスには足元も及ばない事が身をもって分かった
彼らはWebの技術力もあるし文章力もある
何より情報発信を続けるモチベーションがある

弱小ブログや底辺ユーチューバーと言われている人たちでも
言われるだけ凄いことで
彼らはまず行動しているしそれを継続している

いずれにしても経験で得たスキルが無駄になることはないわけだから
行動していない人は行動した人をバカには出来ないのです
自発的に情報発信できる人種っていうのは限られるのかもしれないな

オレも一応はその人種に属しているとは思うけど
スピード、量、クオリティ、どれをとっても
トップレベルには程遠い

さて本題に入る
会話でも文章でも良いが
密度が低かったり、価値の無い情報は少なくない
むしろ大半のコミュニケーションはこういうものだと思っている

これはこれで人間関係を円滑にしたりという意義があるのだろうが
個人的には情報の濃度は上げていきたい
そのためには何をすべきか

・起承転結のストーリーを組み立てそれを最適化する
・相手を選ぶ
・予測能力を最大限に引き出す

辺りだろうか

・起承転結のストーリーを組み立てそれを最適化する
 これは当たり前だが最適化のところは難しいと思う
 無駄を徹底的に省き、理解やイメージ作りを最高にする言葉選びや論理構成を考える
 これはプログラミングに近いかもしれない
・相手を選ぶ
 これが一番難しいかも
 月次とはいえ相手に知識や理解力はあったほうが良い
 それと同じくらい大事なのが相手の好奇心やテーマの必要性だろう
 興味や必要性があれば必死に理解する
 そこを見抜くのはカンタンじゃない
・予測能力を最大限に引き出す
 相手が予測する、予測できるということは
 テーマを理解しようという相手の意識的、能動的アプローチであり
 こうした状況であれば相手の理解は深まるはずで
 そのために論理構成やキーワードを上手く使う必要がある

ざっくりこんな感じで考えてみたが
またしばらくした時に見直そうと思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました