下書きストックするくらいならとっとと公開した方が良い

オレ自身の反省
記事はなるべくクオリティを上げてから公開したい
思いついたネタはその時その時でメモを残しておきたい

そんな考えがあったから
数日前は大量のストック(下書き)を修正して
公開する作業をやっていたわけだが
これが無駄であることに思えてきて

やはり思いついたアイデアが部分的でも
とりあえずは最後まで書き上げて公開してしまった方が
記事の数を稼げたり、やり残しの仕事が無くなったりで良い

構成が完成していなくても
一度打ち込みを始めてしまうと
とりあえずはそれっぽい形に作り上げるので
意外と何とかなってしまう

良くないのは後で完成させようとして
中途半端な形で中断してしまうことで
こうなると作業を再開した時に
モチベーションの温度差の関係で作業が全く進まず
0からやり直しに近い状態になるパターンが多い

誤字脱字やオカシイ部分というのは
気にする人は気にするがそうでない人もいる
読解力がある人は脳内で訂正するだろうから

書き手が気にするほどのことでもなく
仮に指摘されたらその時に直せばいい話

とりあえず最低限のクオリティで先ずは完成させる
ひと目に触れさせる
そこから先は何かあったら考えるで良いと思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました