最近は意識的に人と距離を置く

ただの知人レベルはもちろんだけど比較的中の良い友人とでも意識的に距離を置いている
しかしこういうスタイルの人はオレだけじゃなくて結構いるとも思っているから
自分が特別だとも思っていない

具体的には友人はもちろん年下にも基本敬語だし
会合で座る時なんかは肉体的にも距離を置く
ボディタッチは極力やらない

話をするときはなるべく相手を不快にさせないようにする
あまり相手を見つめない
プライベートには踏み込まない(逆に踏み込ませない)
なるべく当たり障りのない話題で地雷を踏まないようにする
と言った感じで本来はお互いをさらけ出しざっくばらんに楽しむはずの会話であっても
オレの内部ではリアルタイムに相手を観察し
相手の精神状態や反応への予測のために
最大限にアタマを働かせながら会話をするので毎回気疲れする

オレの対人関係の基本方針はこんな感じだが
実際はそうでないこともあるかもしれない
いずれにせよ最近具体化したスタンスはこの通りだ

そんなわけで人といるのは楽しいとも思う反面
一人でいるのも悪くない
むしろこのままずっと一人でも大丈夫と思えてしまう

またこうして泰然自若でいられるのも
ネットのおかげで完全に社会や対人関係から切り離されることはない
という安心材料の存在が大きかろう

いずれにしても組織や他人に依存すること
それも精神的な依存に関しては
自分としてはやりたくないという心持ちがある

不安だから寂しいからと言って
用も無いのにこちらから連絡するというのは
相手を暇つぶしに使っているようで罪悪感を感じたり
自分が誰かにつきまとう軽いストーカーに見えてしまい
つまりはオレのプライドが許さない

何でこうなったかというのは理由があるような気もするが
元々オレがこういう性格で
それが歳とともに強調されたとか自分に嘘をつかないとか
年々性分が羞恥心が無くなり人間がピュアになっているという本能的な要素が多い気がする

誰かと仲良くなる上では距離があることはあまり好ましくないのだが
相手とは必要以上の距離を取る、なるべく相手に情をかけない
このおかげで人間関係に縛られることは無くなった

誰かと誰かが何かでいざこざを起こし
いろんな外野を巻き込んで厄介なことになっていても
オレは一人静かに争いからそこから距離を置き落ち着いていられる

どんなに今は仲が良くても
何かのタイミングで仲違いする覚悟は持っているし
だからこそトラブルや争いを避ける為なら
よそよそしい奴と思われても安定性や長い付き合いを優先して
距離を置く事がベストだと思っている。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました