疑ってゴメン マイクロSDカード

SDカードの偽物が結構多いらしい

被害の内容としては容量や速度の偽装で
見分け方としては
・安すぎる
・怪しいメーカー
・怪しい販売者

であり、ざっくり更に簡単に見分け方を言うと
レビューの評判が悪いところから買わなければ良い

容量偽装については直ぐにスマホやPCにつなげば直ぐに分かるけど
速度偽装に関してはベンチマークソフトを動かさないと行けないので
ITリテラシー低めの人は気づかないように思う
遅いという実感すらないかもしれないね

今日のテーマの結論としてはタイトルの通り
俺が買ったMSDカードのスペックはこの通り
128GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度100MB/s)


ベンチで計ったらこんなに遅い(公称:最大転送速度100MB/s)

何が悪いのだ?
ググったところフォーマット方法が間違っていると遅くなるとの情報を見つけたので
おそらく公式アプリと思われるSDメモリカードフォーマッターで再度フォーマット
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter/
↑ SDアソシエーション アプリのダウンロード先

そして再度ベンチにかける

おいっ さっきより遅くなってるじゃん

偽物を掴まされたのだろうか
パッケージは中国語だしな
とはいえアマゾンの評判は良好だし
値段も安すぎるわけでもない
偽物とは考えにくい

気づいたのがPCのSDスロットがUSB2.0になっていたことだった
そこでUSB3.0のSDカードリーダーを試してみる

結果は変わらない

やっぱり偽物

そこからしばらく考える

USB3.0のSDカードリーダーが曲者で
これはハブ機能もついているのだがどうも
ハブの部分はUSB3.0だがカードリーダーの部分はUSB2.0であるように思う
今は取説が無いので分からないが

再度挑戦
今度はきちんとしたUSB3.0のカードリーダーで試してみる
ただカードリーダーなんて使わないからどこにしまったか分からない
10分以上部屋中を探してやっと発見


ビンゴ

やっぱりこいつだったのか
気持ち遅い気もするけどPCやカードリーダーの原因かもしれないしな
何れにせよこれなら合格点です

あとはこのSDカードが長持ちしてくれると良いのだが
(SDカードは2、3年で使えなくなることが多い)

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました