カメラを買おうか本気で迷う

ここ数日考えてきたことで昨日なんかは、ほぼ丸一日これについて調べ考えていた。結論としては今は買わない方向で手持ちの機材で対応するつもりだが、将来的には設備投資するかもしれない。とにかく電気製品は買いたい時が買い時ともいうけど、待てば待つほど性能が良くなるのも確かでムダなお金を時間を使わないためには、どうしても必要でなければ買わない方が良いという結論に達したからだ。

カメラの用途であるが、動画の撮影用でユーチューブ等の為の機材である。ただこちらも色々考えた結果、先ず最初の段階で大事なのは映像のクオリティよりは投稿を習慣化することであり、最近の有名ユーチューバーでも機材や編集にあまりこだわらずとも内容勝負で爆発的な再生回数を稼いでいる人も少なくないことが分かり、機材へのこだわりは重要ではないと理屈抜きで実感として分かってきた。もちろん最近はデジカメやスマホのカメラ性能も上がっているからスマホでも十分動画撮影の機材になるという事情もある。

そうは言っても道具を揃えることで気合が入ることも事実で、道具選びは面倒くさくもあるが面白かったりもするから色々と調べていた。検討したのは優先度の順で1.ハンディカムと2.中級以上のデジカメ、3.アクションカメラ、4.Webカメラ。検討結果について書いていく。

1.ハンディカム
最近は4K対応の国産有名メーカーの商品でも2、3万から買える素晴らしい時代だが、今回検討したのは中華製のFHDのハンディカム。こちらだと予算は1万円前後になる。コメントを見た感じだと画質は十分実用に耐えうるし、オレの場合は解像度は映像美を追求するコンテンツでは無いからFHDでも十分過ぎるのだ。それに解像度が高いとメモリの容量はバカみたいに食うし、編集にも時間とPCパワーを要する。予算としては問題が無かったのだがムダな機材が増えて部屋が狭くなるのが嫌で我慢することにした。

2.中級以上のデジカメ
こちらは自撮りを意識して画面がフリップできるものを中心に選定したが、調べたところ値段は2万円くらいからとハンディカムより高い結果になってしまった。理由は安い中華製カメラが見つからず国産カメラメーカーの製品しか候補にでなかったからである。手持ちのコンデジも10年近く昔のものなので買い替えても良かったのだが、金は節約したいし、買い替えの必要性も感じない。今でも十分動くし、スマホカメラもあるということでこちらも結局見送った。

3.アクションカメラ
実のところユーチューブ以外にもドラレコ代わりに使えるだろうということで数週間前から検討していた。視野角は広いし、何より値段が安い6、7000円で有名なGoProに匹敵する中華アクションカメラがゴロゴロしているということで、本気で検討をしていたのだが、こちらは画面のフリップが出来ないから自撮りをする場合の確認が出来ない。せっかく撮影しても目線がダメだったら映像の価値も落ちるということで見送り

4.Webカメラ
上記の1~3は単独で使うことが出来るが、こちらはPCが無いと使えない。逆に言うと編集に得意なPCとセットで使えるから効率が良いと思ったわけだが、性能とコスパを考えるとイマイチ。画質は落ちるのに値段が安いわけでもない。何より単独で動作しないのは不便ということで止めることにした。

撮影動画のリアルタイムの確認を考えるモニタ画面のフリップ機能は必須になりそうなると1のハンディカムがベストということになる、2、3でも外付けでHDMIやUSB接続のミニディスプレイをつける方法もあるが安いものでも1万円近くするからトータルコストはバカにならない。であればスマホカメラで十分ではないかという当たり前の結論にたどり着いた。音質がイマイチという問題もあるのだが、手持ちの機材で割と音のいいICレコーダーがあるから音は別撮りして後で合成する方法で進めようと思っている。

そんなわけでざっくり昨日の出来事を中心にここ数日のカメラ選びについて書いてきたが、今まで使ってきたスマホも大分遅くなってしまったので最近新調した。カメラもデュアルになって映像も良くなっているはずだから、頑張って使いこなしてなるべくいい絵を撮りたいと思う。まぁカメラも設定とか照明とか難しいよね。視野角が狭いのも地味に困るよな、後付レンズはダサダサだからやりたくない。とはいえ何でもかんでも金の力で機材に頼って解決するのは知恵や芸もないから意地でもやりたくない、可能性がある限りはアタマと手足を使ってこれ以上ダメだというところまではやってみたいのだ、何事も勉強と試行錯誤。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました