Construction Simulator 2 建設車両の分類について

攻略のカギはここにあるのではなかろうか、”どういう分類があるのか”、”何ができるのか”、”どのように操作するのか”、プラスアルファで”長所と短所”。これを押さえればコンシム2はクリアしたも同然だし、そうでなければ永遠に暗中模索状態だと思う。

車両ディーラーで一通りみたところ分類はこんな感じ。

(こいつに目を通して分類)

・アスファルトフィニッシャー
・バックホー
・コールドプレーナー
・コンパクター
・コンクリートミキサー
・コンクリートポンプ
・クレーン
・ドーザー
・ダンプトラック
・油圧ショベル
・フラットベッドトラック
・モーターグレーダー
・ローラー
・トラクター
・車両運搬車
・ホイールローダー

種類多すぎ、何がなんだか分かんねぇ、そりゃこのゲームが人を選ぶのも当然。

大事なのは下ボタンを押してこのようにスペックを見ることで 同じカテゴリで同じ購入金額やレンタルコストでも性能が違いますので、チェックすることをオススメします。

アイコンも種類が多くて覚えるのが面倒ですが、これが各車両の機能や特徴であり、非常に大事なので頑張って覚えましょう。 ざっくりいうと、運ぶ、持ち上げる、平らにする、圧し固める、掘る、削る、コンクリート関係と対象物(コンクリ、土、アスファルト等)の関係なんじゃないかとオレは思っています。

余談ですがフィルタ機能は不便ですね、1つしかフィルタがかけられないので、例えばメーカーと機能の両方でANDをとってフィルタをかけることは出来ません。

疲れたから、続きはまた今度。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました