Construction Simulator 2 建設ビューの重要性

さて本題 建設ビューって何ですか? いつ使うんですか?

・建設ビューって何ですか?
プラットフォームにより異なるだろうけどX箱の場合はYボタン押すと出てくるこれ

・いつ使うんですか?」
これは進捗管理で使いますけど、進捗確認がしづらい掘削系とかアスファルトとか整地とか地面関係で使います。
ダメな部分が赤になっていて、掘ったり、土を盛ったりで赤いエリアをどんどん緑に変えていくと、一定量を緑にした時点でクリアとなります。

(こんな感じ)

なので、掘っても掘ってもクリアにならないというときは時々建設ビューで赤い部分が残ってないか確認し見てください。

応用編は、CS2で整地関係のクリア条件は建設ビューでアクティブになっている指定エリアの一定領域を盛るか掘るかでクリア条件の緑にすればOKなので、ミッションの指示にあるように指定領域に土を寄せなくても、ダンプに乗せて売却処理をしなくても良いのです。掘削系は慣れてくると作業ゲー代表選手の油圧ショベルではなく広範囲を処理できるドーザー一本で処理できるようになります。

慣れるとこの単調さやワンパターンさが楽しいのだが、そこまでのハードルが高い初見殺しのCS2。”私は何をすればいいの?”新人時代はまさにこの一言に尽きると思う。

チュートリアルは充実しているのですが、可読性に優れていつでも好きなときに必要な場所を確認できるドキュメント形式の取説に比べると学習効率の面でかなり劣る。全体を把握する体系性については最悪レベル。 個別でひとつひとつやる分には良いのですが、全体をまとめて勉強したり、各要素の関係や比較をする点でピンポイント型のチュートリアルという取説システムはよろしくありません。

ということで取説を自ら作るくらいじゃないと楽しめないのがCSかもしれません、オレもいつもはROMなのですが気づけばCS2で何本も記事を書いちゃってますから(需要あるのかな?)。

CSに限らず最近のゲームって複雑だよね、ボタンの数も多いしモードの切替も頻繁だし(愚痴)。カセット時代はしっかり数十頁に渡って印刷された紙の取説が入っていたものです。そしてプレイの前や空いた時間にそいつをムフムフしながら読むのが楽しかったものです。

それにしてもほんっとCS2ってネットに情報無いんだよな、3 / 4のプレイヤーは1日で投げ出していると思う。ニッチな良ゲーなだけにもったいない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました