Construction Simulator 2 今や巨大ゼネコン

最初の2日3日辺りは複雑怪奇な操作性で意味不明なゲームシステムにより何度も何度も捨てそうになった初見殺しのシミレーションのCS2。最近はシステムにも慣れてきて二桁万後半レベルの契約もなんなくこなします(時間はかかるけど)

しっかし、最初の頃は良くもまぁこんなチマチマした仕事を喜んで、しかも何度も引き受けていたものです。

(日雇い労働者レベル)

(小学生の小遣いレベル)

かつては惨憺たる状況だったもの、分かる仕事、処理できる仕事がこれしかなかったからなのですが、ずっとプレイを続けていくうちに、ぼんやりと全体ややるべき事が見えてきて、そこを超えてからはゲーム進行が楽になりました。今は細かい契約内容を見なくても大半の契約はこなせちゃいます。

(今や橋の建設もこなす巨大ゼネコン、それにしても規模がデカイから工期も長い)

最近は二桁前半Cr以下の小規模の契約はやらないけど、そうは言っても下積みは大事、デカイ仕事が出来るもの、地味ぃ~な、地味ぃ~な仕事(修行)の積み上げあってのこと。まさに人生。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました