久々に Forza Horizon 4 を振り返る その1

FH4関連のブログを読んでいて昔が懐かしくなった。久々のレースゲーを本格的にプレイするのはPS2のGT4以来15年ぶりくらいになると思うが、その時のタイトルがFM7とFH4。石斧からいきなり戦闘機への変化に相当する急激なゲーム環境の進化というか複雑化について行けず、リアルさながらハイクオリティなグラフィックを楽しむ以前にシステムの理解にストレスを感じる日々だった。しかしながら2週間近くプレイを続けたころからやっとのこと世界観に慣れゲームシステムが見え始めてくる。

特に苦労したのはFM7ではなくオープンワールドのFH4の方。専門用語の嵐でストレス溜まりまくり。

スキルって何? ボードって何? パークって何? FPって何?

ただリワインドの便利さには感動。リワインドがなかったら捨ててたかもしれない。

初めての海外旅行さながらの五里霧中状態。この分かりづらさはForzaが洋ゲーだからというのもあるけど、最近のゲームは親切な取説なんて無くてゲーム内のチュートリアルで理解するのが主流らしい。

しかも取説の代わりをするはずのチュートリアル。Forza Horizonはシリーズが進むにつれてどんどん薄味になっていく初見殺し仕様。もうターゲット層がどこなんだか分かりません。

チュートリアルって可読性や一覧性は良くないし、何よりイチイチゲームを起動してプレイしないといけないから面倒なんだよな。ゲームが複雑化してしまった現代こそしっかりとした誌面の取説が必要だと思うのですが…

ということで無いものは作るしか無い。車種やコース、システムの情報をデータベースにまとめたり、ネットで調べて有益な情報をプリントアウトして赤ペンでマークしたりと仕事orお勉強状態。まさかゲームやるのに仕事のスキルが役立つとは。今のゲームは子供には遊べないと思う。事あるごとにオレは主張しているが、今のゲームは先ず座学が大事だと思う。

長い前置き終了。

ここから思い出深い項目をつまみ食いで語っていく

・クロスカントリーシリーズ
これがリワインドの連続でイライラして仕方ない。路面のアップダウンの多さに加え、マシンも足が柔らかくてピョンピョン跳ねるから、直ぐにあらぬ方向にマシンが飛んでいく。難易度を新人にしてもAIが結構強くて設定を間違ったのかと思うくらい。FH4の難易度設計は僅差でレースするように出来ているようで、自分のマシンを強化してAIのレベルを下げても圧勝いう流れにはなりにくいようです。昔のGTなんかはAIのレベルは固定だからマシンを強化してAIを何周も周回遅れにする遊びが出来たわけで、FHにもそれを期待していたのですが…

・ショーケースイベント
映画のような演出にとにかく感動。グランツーリスモにはこんなのなかったしな。後から遊んたNFSシリーズも似たような演出があって個人的にはNFSの方がストーリー性やエンタメ性が色濃くでていて作り方が上手いと思った。これは映画の国アメリカだから出来ることで、日本のメーカーだと難しいかもしれない。

・スピードトラップ&スピードゾーン
基本的にはどれもラクラククリアだったんだけどM68(高速道路)のは、オレのFH4が通常版で高速番長として名高いアゲーラRSがなかったんで苦労した。ランボのアヴェンタドールでも最高速が出るんだけど、こっちは安定性が良くないから400キロでコントロールするのが大変なのよ。結局課金してアルティメットを買ってアゲーラRSをゲット、その後MT900をゲットし、更に599xx evoをゲットしたけど599xx evoを使ってから今までのスピードトラップとスピードゾーンの苦労は何だったんだろうと思ってしまった。オンロード最強マシンだけどゲームバランスを崩す点ではちょっとしたチートマシンではある。

・危険サイン
前半はランボ、中盤はアゲーラRSや900MT、最後の方は599xx evoで三つ星を獲っていったと思う。たまに難しいのもあったけど何とか無事にオール3スター

・ドリフトゾーン
最初のFHのドリフトはホント苦労した。全くもってドリフトしない、グランツのときは気持ちよくドリフト出来たのに。グランツと比べると情報量が少ないForza。初期の頃は日本語はもちろん英語の情報も含めてネットサーフィンに明け暮れていた気もする。プレイ時間 < 情報収集時間 であったことは確か。マシンの設定もよくわからなくて、ABSやトラコン、STM等のアシストはフルで入れてたと思う。ネットで調べてドリフトのときはトラコン、STMをオフにしろという有益な情報をいただきドリフトでやっと星が取れるようになる。しかしながらどうしても3スターは難しい。次にぶつかったのがAT vs MT論争(オレの中で)でドリフトマシンで3速固定がオススメという情報を信じて一時期フォーミュラドリフトのマシンをMTで使っていて、実際何度か3スターは獲ったが。オレとの相性が悪くてプレイしてて気持ちよくない。気づけば気持ちは離れて別のマシンへ。いくつかマシンを比べBMWイセッタのエンジンスワップ仕様に落ち着く。ミッションはATでも3スター取れるということが分かり、今はこの組み合わせ。MTはドリフト中は良いけど、発信や失敗してRに入れるときにシフト操作が必要だからパッドの操作は面倒です(Hシフターがあれば別だけど)。ドリフトオール3スターはかなり苦労したな。無理だと思ったけど天気が味方してくれたりで何とかオール3スター。ただドリフトが得意な人がいるようで彼らは余裕の3スターなんだよね。

・ストーリーとビジネス
これもドリフト同様最初は1、2スターが精一杯、とりあえず1、2スターで一通りクリアして放置していたけど、レースも一通りクリアして#FORZATHON以外にやることも無くなったので、ドリフトゾーンのオール3スターと並行してこちらもオール3スターに挑戦。ゲームの腕が上がっていた関係でそこそこスムーズに3スターが獲れる。それでも難しいミッションはあってそういうときはYou Tubeで研究してクリア。ストーリーとビジネスの3スターはミスが許されないので難しいですね。リワインド有りでもきつかったです。追加でいくつか新しいミッションが追加されましたがこちらは操作の技術というより知恵比べみたいなところがあって面白かった、逆走してポイントを稼いだり、ナビを無視してショートカットをしたり運転の技術は要らなくて方法を見つければ3スターだったので遊んでてラクでした。

スタントドライバーはあんまり思い出が無いな、ドリフトクラブは結構苦労したような気もする、ただドリフト慣れしてからプレイした気もするから苦労しなかったかも

LARACER@HORIZONはBGMが良かったですね。あと開発者のレースゲー愛を感じた。きっと年代が近いんだろうな。みんな好きなゲーム遊んだゲームは一緒だよね

レンタカー事業は、あんまり記憶が無いわ

スキルストリークは知恵比べみたいでおもしろかった。3時間位でオール3スターでクリアしたと思うけど

タクシーは記憶に少ないな、こちらも3時間位でオール3スターでクリアしたと思う

プレイヤーレベルについて語るとついこの前まで新人だと思ったけど気づけば3つ星の古参。流石に半年以上もプレイしていれば新人という事はないものの、自身の認識としては今だに中堅くらいなんだけど。でも流石に中堅ということでフェスティバルプレリストのオンラインイベントではそこそこの活躍が出来るようになってきました。

ということで長くなったので今日はここまで。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました