ブログの撮影機材について

常々頭の中にはストレス無く効率的に記事を書く方法を考えているのだが、そうなると道具選びが大事になってくる。今の所机でパソコン使って記事を書いているわけだが、最近ストレスになっているのが写真の貼り付けで、ゲーム関係はPCと接続できないタイプのキャプチャーボードなので録画したものをSDカードに保存してそいつをPCで読み込んで必要なシーンをプリントスクリーンして使っている。 

キャプチャーボードも買い時が悩ましくて今は丁度FHDから4Kへの過渡期なので4K対応商品出揃って値段もこなれてから買おうと思ってはいる。そうなるとあと1、2年先になるかな。めんどくさいのではあるが2、3万の出費はかなりのダメージであるので我慢できるところは我慢する。

さてそうなるとゲーム以外記事の撮影なのだが、理想としてはコンデジで撮った写真をwifiなりUSBでPCとつないで記事を書くことであるが、手持ちのデジカメは10年近く昔のパナソニックのルミックスTZ10。Wifiなんて無いし、USBケーブルも特殊タイプ。結局PCとの写真の共有は面倒、であればこの機にカメラの買い替えという選択肢もでてくるが、TZ10はまだ使えるしコンデジを買うなら、現行のハンディカムやアクションカメラを買ったほうが良いのではという選択肢が有力になってくる

ではwebカメラはどうだろうかとアマゾンや価格ドットコムで調べていたが、まず商品数が少ないし、スマホやデジカメよりカメラ性能や使い勝手が劣るのに値段がものすごく安いわけでもない。そこから先も脳内でシミュレーションしたがWebカメラはPCで直接編集するには最強だがスタンドアローンでは使い物にならない。ということで今も一応潜在意識には残っているがほぼ脱落状態である。

結局スマホで良いのではということになり、PCとUSBで接続しながらスマホで撮影してみる。PC上で瞬時に撮影画像を見ることが出来るのだがブラウザにアップロード出来ず、PCに一回保存してからブラウザという1クッション入れないとダメらしい。
まぁ面倒くさいが、一応許容範囲ということであとは慣れに任せることにしよう。

キーボードとマウスをつないでスマホで直接記事を書くことも考えた。この方法なら外出先でも記事を書ける、喫茶店やファミレスで気分転換しながらドヤ顔で記事を書くのも悪くないだろう。しかしこの場合は外にディスプレイを付けないと効率が落ちるから少々難しいということになった。

タブレットを買って記事を書くことも考えた。タブレットならサブPCとして使えるしスマホのように外付けディスプレイは要らない。同時にオレの中の反論として、まず設備投資が必要、次いでカメラ性能が劣る、最後にタブレットはPCとして性能は中途半端なのでストレスが溜まることになる。

結局記事を書くのは生産効率の良い家のPCでまとめて書いて、空いた時間は無理に記事を書くのではなく頭を休めたり考え事をすれば良いという結論に至った。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました