記事の需要について ブログは農業

久々に本腰をいれて再開を始めたブログ。ここのところのメイン記事はゲーム関連だし、全体の割合としてもゲーム関連の記事が9割を超えているとは思うが、統計上来訪者が多いのはヘッドホンの記事で、書いている本人の期待とは裏腹にゲーム関連は閑古鳥の鳴いている状況。

しかし、ゲーム関連の記事はテーマは多かったりまとまっていることもあり、忘れた頃に一人の来訪者が関連記事をまとめて読む事があるようで、書いておく価値はあるのだと思った。

(ゲーム関連は、攻略本や取説代わりに使うのだろうかまとめて読んでくれる人がいるようです)

ニッチなゲームだと来訪者の分母が小さくなるのでしょうが、競争が無い分レベルの低い記事でもしっかり見てってくれる感があるのでこの点は嬉しいところ。

ブログでもユーチューブのような動画配信でもいいけど、セルフプロデュースの要素が入った情報発信っていうのは農業や植物みたいなもので、とにかく種をまくことなんでしょうね。

でもって次いで何の種(ネタ)を、いつ(タイミング)どこ(どの媒体)に植えるか、たまに手入れ(更新)をしてやるのが大事なのだと思いました。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました