ユーロビートを語る やろうとしたら意外と大変だった

語ろうと思ってWikipediaを調べてたらとんでもなく大変だった

関連項目を印刷したら30ページオーバーになってしまったという…

赤線引きながら読んでますけど、完全にお勉強ですね。趣味のことだから気軽に書けると思ったら大間違い。今まで曲を聴くだけでしたが、記事として言葉で説明するとなるときちんと先ずは用語を知っていなければならない。次いで歴史的経緯や代表曲も知っていなければならない。何よりユーロビートの定義を知っていないとね。そしてその全てが全く分かってなかったオレという構図

ユーロビートは20年以上聴いて来たけど、今回記事を書くにあたってWikipediaを読んでみて自分が以下にユーロビートを分かっていなかったかが大変良く分かりました。長年取り組んできた趣味のことが分かっていなかったという状況は多いと思うけど(分かったつもりで分かってなかった)、自覚して謙虚な気持ちで知ろうとすることが大事だと思っております。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました