久々の庭作業

最近はどんどん気温の低下を感じる。前回の庭作業が甚大な被害をもたらした台風19号前日、11日だったから約3週間ぶりということになる。その頃までは残暑を感じるくらいで半袖でも大丈夫だったが、台風が過ぎて一気に秋にらしくなり、気づけば一日中上下長袖のジャージでなければ肌寒くなった。特に朝晩は肌寒く、インナーが恋しいくらい。つまり庭作業をするならそこそこ涼しく湿度も適当で、風も少ない今がベストなのだ。

これから去年伐採した庭木の処分の話をする。

今日は久々に庭作業。スコップで生えかけの雑草を処理したり、土を庭木にかけて腐敗を促進したりと久々に汗を流した。

枝をなるべく短くして土をかけていた効果もあって、腐敗が進んで表面は菌類で白くなっているし、ポキポキと折れるようになった。もちろんこれまでの降雨も腐敗に役立っている。

甘く実った柿を食って思ったのは、鳥のアタマの良さで、鳥はトマトのように柔らかくしっかり熟した柿しか手をつけていない。オレが食っているような歯ごたえのある柿には一切手をつけない。やはり自然の本能はスゴイ。

気づけば11月。前半はまだ寒さの方もそれ程では無いが中盤以降から冬らしくなるだろう。空気は乾燥してホコリが立ちやすいし、何より寒い。風も勘弁して欲しい。

本格的な冬に突入する前にある程度片付けねば。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました