たまには万年筆もいいと思う

デジカメの写真に目を通していたら、万年筆の写真を見つけた。記事の需要が期待できず万年筆をテーマに記事を書くか迷ったのだが、筆記用具には多少のこだわりはあるし、一時期万年筆を使いまくっていたこともあり、記憶から消してしまうには惜しい気がしてきたので書くことにした。

ちなみに万年筆の用途は中国語のスペルを憶えるための書き取り練習のため、10年近く昔のことなので怪しい記憶になるが平均すると裏紙に一つの単語を10回以上書いて練習していたと思う。

万年筆の良いところはシャープペンやボールペンには無い書き味や”万年筆を使っているぞ”というハイソな雰囲気にあるのかもしれないが、オレの場合は、インクが切れかけ文字がかすれ始めてからインクを補充するまでにじんわりと感じさせてくれる達成感にある。

万年筆のインク補充は面倒に感じる人が大半なのだろうが、この面倒臭さは見方を変えると一種の儀式みたいなもので、たくさん書いたという明確な実績でもある。もちろんボールペンや者府ペンシルでも同じことが出来るのだが、どちらもインクや芯が切れるまでには結構時間がかかるし、ボールペンの場合は替芯の値段が1本100近くするためコストがバカにならない。

その点万年筆はインクコストはボールペンに比べれば全然安いし、適度な速さでインクが無くなってくれるから、インク補充で気分転換も出来る。

趣味人や性格がマメな人は万年筆との相性は良いと思う。1000円程度で買えるからぜひ一度お試しあれ。

(低価格万年筆の先駆け パイロットのkakuno)

(赤インクと青インク。スポイトはインクを補充するため)

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました