ドイツの養命酒 イエーガーマイスター

を飲んでみた。まさにその名の通り養命酒だと思う。

養命酒だから甘みがあって飲みやすい。ストレートでチビチビ飲むのもいいし、お湯割でも良い、ロックも悪くないと思う。つまりは養命酒の飲み方をすれば良い。 寒い時期なんかはお湯割りが良いと思います。

値段も値段なのでベースのお酒はそれ程高級なものでは無いはずです。酔いの質もそれ相応、甘くて飲みやすいので、飲みすぎて悪酔しないように注意。

入手性の良いお酒なので普通にスーパーで売られていることも多いし、お酒を専門的に扱っているようなお店なら置いてあると思う。それでも見つからなければ通販で買えば良いでしょう。値段は2000円しなかったと思う。

ただ結局は養命酒だから普通に日本の養命酒を買えばいいじゃん、とも思っちゃうのよね。

養命酒と言うと何かに付けて養命酒工場の凄さを力説していた小学校時代の友人の話を思い出す。養命酒工場の用水路は工場の排水の影響で魚が巨大化するらしい(30年近く前の話だから今は分からんけど)。
(ドイツ版養命酒)

(炊飯器の計量カップで飲んでます。割って飲む時は計量できるので便利)

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました