スマホの外付けマイクが認識しない

好きなこと語り系ユーチューバーをやろうと思っていろいろ機材を調べていたが、ハンディカムや本格的なマイクは買わずに手元のスマホとマイクで撮影しようということになった。

ここ5年くらいの間に発売されたスマホならばカメラ性能が優秀だから普通にHD、FHDの合格レベルの映像は撮れる、ただ画角は狭いしズーム機能が貧弱なので景色を撮るような映像や、細かいものを拡大して見るような使い方は難しいが、自分語り系なら自分とホワイトボードしか移す必要はないから画角もズームもスマホレベルでOK。

ただ音の方はやっぱりスマホ本体のマイクでは力不足、声の聞き取りはできるがテレビのようなクリアなプロ品質には遠く及ばず素人臭丸出しの音声になってしまう。ましてや今は底辺ユーチューバーと言われる人たちもマイクは外付けのようだからマイクは外付けにして最低ラインはクリアしなければならない。

普通のマイク端子は3極だがスマホの入力は4極なので変換が必要。4極に変換したのだがマイクが認識されない。別のスマホでは大丈夫だったから変換ケーブルやマイクが壊れているとは考えにくい。

アプリやアンドロイドのバージョンの影響、スマホの端子の接触不良を疑っていろいろ対策を施したが一向にマイクが認識されない。

調べてみたら4極端子はCTIA規格とOMTP規格の2種類あることがわかり、先程400円くらいの変換アダプタを注文したところだ。ちなみにCTIA規格とOMTP規格の違いは3番目と4番目の配線が逆になっているだけ、一体何のために3と4を逆にしたのやら

多分CTIA規格とOMTP規格の違いに気づかずに不良品扱いされたマイクや変換ケーブルは少なくないと思われ。

(スマホで撮った手抜き写真。照明が無くてね…)

マイクは3極なので赤い変換アダプタでスマホ用に4極に変換する必要がある。4極の端子はCTIA規格とOMTP規格あるわけだが、見た目が同じなので通電チェックをしない限りどちらがどちらか分からない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました