活動量計を捨てる

睡眠時間が測れたり、脈拍や歩数が測れたり、しかも精度が結構高くて信憑性の高いデータが取れたので非常に便利だったのだが捨てることにした。

理由はいくつかある
・表示が見えないくらいまで暗くなった(紫外線で劣化する有機ELの宿命)
・スマホのアプリが重い
・データの分析を殆どやらない
・腕がかぶれる

最初と最後の理由がほぼ全てである。特に最後は非常に困った。睡眠時間を正確に測るためには一日中装着していなければならない。夏場や湿気の多い時期なんかは簡単にかぶれるし、腕に違和感も多少なりともある。特に私の場合は腕時計とかアクセサリーの類は身に着けないので活動量計との相性はイマイチなのである。

ということで便利な道具だったのだが手放すことにした。多分2年位は使ったと思うから元は十分に取ったと思う。

活動量計を試してみようという人も多いと思う。私の場合は手放すという残念な結果になったが、個人的にはオススメのガジェット。便利だし値段も2、3000円から買えるので試してみる価値はある。

メーカーが多くてどこが良いのか迷うかもしれないが、有名メーカーだったり、ネットやレビューの情報が多い商品ならハズレを引くことは少ないと思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました