僕、オレ、私 一人称に迷う

リアルの場合は友人には僕、組織やフォーマルな場所では私だが、文章を書く時には結構悩む。もちろん友人や知人なら僕、私の二択だが、ブログのような不特定の人間が読む時は、どれを選ぶかで相手の印象も変わってくる。

ブログではオレを使う事が多いが、人によっては尊大でとっつきづらい印象を受ける、つまりネガティブに働くと予想はしているが、かと言ってブログを書いている時の人格はオレである事が多いから、オレと書く方が自分としては違和感が無い。

この心理を分析したことはなかったが、折角の機会だから分析してみよう

オレと言う言い方は他人に対してではなく、自分の中でだったり自問自答の中でもオレという解釈がしっくりくる。

ブログを書くということは誰かに注目されたいとか、誰かも役に立ちたいとか楽しませたい、共感したいという気持ちがあることは事実だが、メインは自分の為、自己満足の為である。

最大の読者は自分みたいなところがあるからオレという表現が気持ちとしては一番自然でしっくりくるし、打鍵の進みもスムーズだと思う。

これが僕や私だと第三者を読者に想定した文章になるので堅苦しさや自分の心の得も言われぬひっかかりを感じてしまう。

僕、オレ、私 結局のところその場の気分で好きなものを使えば良いと思う。自分に対し好意的な読者というのは何を使おうが良い方向で解釈してくれるわけだから。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました