台湾究極の安旨グルメは大学の学食なのかもしれない

金に余裕のある駐在さんや仕事のある人なんかはどうでもいい問題なのだろうけど、そうではない留学生の場合は日々の食事は悩みの種だと思う。

台湾は外食文化だから自炊をせずとも安い飯の選択肢は多いのだが、近所の店の選択肢なんて10件程度だろうから半年も住んでいると飽きが出てくる。

オレは台北に住んでいたが食事のマンネリ対策には大学の学食巡りをやっていた。

国立大学の学食だからといってものすごく安くなるわけでも無いのだが、それでも他の店と比べると1、2割程度安くなる。

台北に限らず大きめの都市ならば大学はいくつかあるから、気分転換に大学めぐり、学食巡りをやるとなかなか楽しめる。大学のキャンパスは公園みたいなもんだから良い散歩になる。大学の図書館もオススメ、日本の本が多いのでテンションが上がる。

台北の場合オススメは台湾大学の図書館の横の食堂。あそこは店の種類も多いし、併設されているパン屋が安くて美味い。余談だが語学学校の鉄板の師範大学は学食がイマイチ、台北教育大学はそこそこ、政治大学は市内から少し遠い上安くない、文化大は山奥、輔仁は地味に遠い。

まぁそんな感じで大学巡りは結構楽しいです。時間に余裕のある語学学校やワーホリの人におすすめ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました