ここ最近のYou Tubeのアカバンや動画削除について思ったこと

これから書くことは特にきちんとした情報を確認するわけでもなく思ったことだ。

ここ1、2年でYou Tubeの規制が強化されたらしく、アカバンや動画削除が行われやすくなったという記事をちょくちょく目にする。また削除の判断にはAIが使われているという記事も見かける。

昔のYou Tubeは個人の動画配信ツールの色が強かったと思うが、今や企業はもちろん公的機関も利用しており、かなり公的な役割も担っている。ましてや親玉であるグーグルが世界的企業であることを考えると法令遵守が強化されていくのは当然。同時にYou Tubeとグーグルの関係の深さは分からないが、削除判定にグーグルの技術が多少なりとも使われていることは可能性としてあり得る話。画像認識はもちろんのこと、音声認識技術もかなり精度が高いから映像判断の自動化は難しくないはずだ。

コミュニティの巨大化と国際化、コンプライアンスの強化が進んで行くのは社会の流れで当然だし、悪質な動画を認めてはならないのは分かるのだが、毒は毒でもあるのだが面白かったり気持ちの良いものだから、なんとも悩ましいところである。

人間の悪ふざけやエログロ、好奇心というのは決して無くなることは無いからYou Tubeが無くても別の動画インフラが出てくることになるだろう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました