節約ズボラ系の神食品~鶏皮

これが最近かなり重宝している。単価は国産品でありながらグラム単価50円前後と鶏ももや鶏皮より全然安く、食感はモツのような内臓系に近く噛みごたえがありますし、何より脂身があるからご飯が超絶ススム。

もちろん最強コスパ肉に冷凍輸入肉という選択肢はあるのですが、翌日腹を壊したり、軽く吐き気が出たり消化器系の違和感を感じたりと身体との相性が悪いので、なるべくなら国産、もしくは実績のある外国産にしたいのです。

鶏皮の用途は鍋メインでやっていますけど、スープに使うのもありだと思います。焼いたり煮込むとエキスや脂が結構出るのでこいつに野菜を大量にブチ込んで、中華だしやらコンソメ系やらでスープにすると野菜もたくさん摂れて健康に良い、脂のおかげでご飯は進み、スープで身体も温まって、その上洗い物も少なくてと、大変に優秀なおかずになると思います。この季節のコスパ野菜はグラム単価の安い大根や白菜あたりが良いでしょうね。

こちらは私が最近ハマっている鶏皮鍋、鶏皮以外の具材はグラム単価の安いアメリカ産豚バラブロック、しめじ、中国産にんにく、大根。こいつを味噌、豆板醤とめんつゆと隠し味にフルーツジュースで味付けします。

ご飯がすすむ上に、出来たてを味わう当日と大根に味が染み込む翌日と2日に渡って食えるので飯を作る手間は省けるし、洗い物は減るしと面倒くさがり屋の私には素晴らしすぎて止められません。

貧困層の鉄板グルメは 納豆、鍋、カレー、タイムサービスのスイーツだよね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました