節約ズボラ系の食生活~コメは研がなくて良いと思う

無洗米ではないがコメは研がずに水を入れてそのまま炊いている。気になってないからかもしれないが味も香りも問題は無いから困ることはない。

コメについている糠は栄養だと思うし、精米の過程でゴミが入るという意見もあるのだろうが最近の精米技術は進んでいるから石ころやゴミが入っていたことは無い(こちらも気になってないのかもしれない)

研ぐのが面倒くさいというのもあるが、やはり先程も書いたように糠は栄養だと思っているから、それを洗い流してしまうのはもったいないと思うのだ。

コメの臭いが気になるという意見もあるだろうが、オレの場合は素材そのものの風味を楽しみたいから、ちょっと位癖のある風味のほうが食べている実感があって好ましい。

精米歩合はいろいろ試して6分にしている。7だとかなり白米に近いし、5分だと玄米感が強く感じるからで、オレの経験と好みで6分。

炊飯で大事なのはきちんとしたコメを選ぶのと浸水時間を取ることと、そこそこの電気釜を使うこと。この3点を満たせば良いと思う。

オレの場合は農協の直売店で玄米を買って使う分だけそこで精米、コメはなるべく地元や米どころで取れる新鮮な物が良い。スーパーで売られている精米済みのものは当たり外れが大きい。浸水時間は30分、気分や気温に応じて伸ばすこともある。一般的に気温の低い冬場は長めに浸水時間を取ったほうが良いと言われるが30分ならば夏場も冬場も大差は無い。あと最後は釜だね。理想はガスコンロのような直火炊きだけど、おこげにしょうゆをかけて食うのがこれまた美味いのだが。これだと火加減の調整に手間がかかる。やはり毎日のこととなると電気釜が良い。

3、4万以上の高級機が良いのだろうが、1万前後のIH方式で十分美味いうまい飯は食える。数千円レベルのマイコン式でも今は制御や火力が優秀なので十分美味く炊けるのだが保険や安心を買うという意味でIH式の方が良い。

意外と炊飯器を使う時の盲点というか見どころだが、買うなら発酵機能やパン焼き機能がある方が料理の幅が広がるのでオススメ。パン焼きは地味に美味くて楽しいし、これからの季節は甘酒づくりも面白い。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました