やはり今後も継続して貧困アピールをしていこうと思う

昔仲違いした親友のことを思い出したので書いてみる。仲違いの原因は親友の彼女だが、どいつもこいつもオレのかなり嫌いなタイプだった。
・セレブ志向
・欲張り
・食い方が汚い
・おちつきがない
・ファッションセンスがズレている(やたらとデカイアクセサリーをつけている)
・怠惰
・外観だけで中身がスカスカ(会話が糞つまらない)

ざっくり思い付いたところでこんな感じ、こういう女としか付き合えない理由は彼の釣り方にある。セレブアピールで女を釣ったからだ。

頑張って付き合えたから良いものの高い飯を奢らないといけないし、デートに連れて行っても有るきたがらないから運転するかタクシーを使わされる。デートと言うより介護としか思えず哀れを豪快に通り越して激しい嫌悪感を抱いたのはいい思い出だ。その女と結婚するという話は聞いたが恐らく当然のこと後悔しているだろうし、既に離婚している気もする。こういう中身がスカスカで維持費ばかりかかる人間というのは欠陥住宅みたいなもので、交際でも結婚でもヘタに契約してしまうとなかなか後に引けないから要注意。

そんなわけで恋愛関係に限らず交友関係もそうだがセレブアピールでつながった人間関係というのは脆いばかりじゃなくストレスやリスクの温床としか思えない。相手がネガティブな印象を持つくらいが丁度良く、自分のマイナス面に見てもしっかり残ってくれる人を選んで関係を長く保った方がストレス無く幸せな人間関係を構築できると思うのだ。オレが時々貧困アピールをするのは事実貧困層なのではあるがこういうリスク回避やお互いに無駄に消耗しないという配慮と経験からくるものである。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました