動画配信の動向について考えたこと

大した話はない、他のコメンテーターの意見を頭の片隅に置きながら考えをまとめてみる。

いろんな著名人がこれからはどんどんユーチューバー(動画配信者)になれと言っているし、オレもそれは否定しないし、オレもなるべきだと思っている。

それは有名になるとか広告収入とかそういうことではなく、プレゼン技術向上のために役に立つことで、プレゼン技術は会社だけではなく人間界で生きる以上死ぬまで使えるスキル、結局人とのコミュニケーションはプレゼンだからね。

以下に相手を楽しませるか、いかに相手を笑わせるか。そうでもしないと話を聞いてもらえないし、話をする方もつまらない。つまり人とのコミュニケーションって突き詰めると常に自分を伝えるプレゼンの連続なんだよね。プレゼンが上手ければ受け入れてもらえるし、ヘタなら相手に相手されないか嫌がられる。そんなもんです。

動画配信のプレゼンと日常のコミュニケーションのプレゼンとイコールとは限らないが、動画配信の演出というのは実生活の方にも役立ちそうなので今準備に向けて試行錯誤中

本題に戻るテレビ離れ、You Tubeのテレビ化が方方で言われているように、テレビタレントがYou Tubeに出てきているのもあるし、テレビ局がYou Tubeを利用しているところもある。そこにオレの考えも加えると番組制作スタッフがソロでオウンドメディアで動画配信する流れも出てきそうな気がする。テレビタレントの強いところは番組制作スタッフとのコネがあるところで、彼らの知名度に加えハイレベルな番組制作力で短期のうちに視聴数を稼ぐのは凄いところ。

全体の流れとしては今までテレビ一極だったのが、これからはテレビのように力のあるメディアがYou Tube等に流れつつ、個人レベルや小規模チームの中小の実力派が乱立する分散型になりそうな気がする。

考察はともかく、オレも何か発信しようと思う。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました