コーヒーはコントロールして飲もうと思う。

先週は連日濃いめのインスタントコーヒーを大量に飲んでいたのだが、つい先日切れてしまって禁断症状が出てきた。コーヒーを飲みたくて仕方ないというレベルまでは行かないが、コーヒーが無いと口さみしい。とにかくなんとなくコーヒーを飲みたい。

もちろん無ければ買いに行けば良いのだが、日常の足が徒歩と自転車しか無いから出かけるのが面倒くさい。最近は完全に気温が冬だから外に出るのも気がすすまないのだ。

コーヒーを飲みたい衝動よりも結局面倒臭さや寒い思いをしたくないの方が勝りコーヒーと離れる生活が3、4日続く。コーヒーの代わりに白湯を飲んでいたわけだが初日はコーヒーの禁断症状が出たものの、日が進むにつれてそれが弱まる。コーヒーを意識する時間も短くなった。

コーヒーを飲まないと変に興奮しない分気持ちが落ち着いているし、思考も安定している、眠気が来ることは少し増えて作業効率は落ちる気もしたが、コーヒーを飲んでても眠い時は眠いし、コーヒーで無理やり作り上げた思考はやや不安定なので作業の質は若干落ちる。結局の所コーヒーなんか飲むより白湯を飲んで疲れた時には素直に休む。起きたら冷静な思考で作業をした方が効率的なのだ。

とはいえ今日スーパーに行った時にコーヒーを買ってしまった。

そうは言ってもこれからはコーヒーとの付き合い方は少しコントロールしようと思う。午前中は多めに飲むとして、午後以降は睡眠の質を良くするためにもなるべく控えて、冷静な思考、良質の睡眠重視で愛飲していきたい。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました