Forza Horizonの歴史を知る上で良記事だと思う~Playground GamesとTurn 10 Studiosの出会いについて

You Tubeでゲーム実況を見ていたら、FHを開発しているPlayground Gamesはコードマスターズのエンジニアがスピンアウトして立ち上げた会社という話を耳にする。

興味はあるし、レースゲーム好きを自称しておきながら歴史や背景知識を知らないのはミーハーやもぐりと変わらないので調べることにしたが、海外の会社なのでなかなか日本語では情報が出てこない。

英語を勉強して英語で検索すりゃ良いのだが、そこまでの情熱もない。そんなオレの為にグーグル様が見つけてくれたファミ通.comの良記事
ゲームの中にフェスを再現! 『Forza Horizon』の全容が明らかに【Playground Gamesスタジオツアー その1】 – ファミ通.com
デザインディレクターに『Forza Horizon』の気になるところを聞いた【Playground Gamesスタジオツアー その2】 – ファミ通.com
PlaygroundとTurn 10のキーマンにインタビュー【Playground Gamesスタジオツアー その3】 – ファミ通.com

PG立ち上げの話は最後のその3に詳しい。そこから気になったところを紹介。

”コードマスターズでの仕事は楽しかったし、すばらしい友だちもいた……つまり、何か新しいことをやるために離れる時期が来た、それだけのことだと思う。”

”紹介者があってTurn 10 Studiosのダンさんたちと夕食をしました。そのとき、相手チームはギャビンが作ってきたゲームのファンであり、そして我々も彼らのゲームのファンであることもわかったんです。”

”会社がスタートした当初はスタッフが19人しかおらず(略)幸か不幸かちょうどその時期に“ビザーレ”、“ブラックロック”などイギリスの大手レーシングゲームスタジオが相次いで閉鎖し、我々はすばらしい人材を一気に雇用することができたんです。”

FHが第一弾から成功したのはエンジニアの能力もあるけど運やタイミングだよね。あとチャレンジが難しいコドマスの閉塞感のようなものも若干感じました。

PG設立の裏側にはこんな事情があったわけですが、FHのおかげで競合のNFSやTCが切磋琢磨してオープンワールドの平均点が上がったのは確かだと思います。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました