柿 カラスとの戦い

そろそろ柿も終わりのシーズンで庭の柿の木もすっかり葉を落とし、オレンジ色の実をまばらに残して大分寂しい様子になった。

しかし柿の実の方はしっかり熟していつでも食べごろ状態になっている。

そうなると少し困るのが柿の争奪戦で、冬になると鳥の餌も無くなるようで柿の木に目をやるとカラスが枝に止まって柿をついばんでいる。木の上の方は大分カラスにやられてしまった。

カラスが賢いのか考えているのか分からないが、彼らはオレの手の届かない上の方の実にしか手を付けないし、オレは手の届く下の方の実しか手をつけないからお互い棲み分けが出来ていたわけだが、最近になって上の方の実も食べ尽くしてきたせいか、カラスもだんだん下の方の実に手をつけだした。

つまりタイトルの通り只今カラスとの柿争奪戦が行われていわけで、オレも今日は急いで10個ほど柿を収穫した。

今食っておかないとまた一年食えなくなるからね

食料の争奪戦はここでも行われているのですよ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました