本が喜ぶ使い方は本の価値を落とすことだと思う

書き込みしたり、付箋を挟んだり、カッターでチャプターごとに切って使いやすくしたり。こんな事をしようものなら下取りもつかなくなると思うが、こういう使い方こそ読み手の頭に本が入ってくると思う。

電子書籍は便利なのだがこれが出来ないから、いま一歩踏み込めない、電子書籍は電子書籍でいいところもあるから使い分ければいいと思う

そんなわけで辞書や勉強等大事な本に関しては紙媒体の物を買って使っている。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました