本は改造して使うもの

前から読み進んでいく小説のようなものだと必要性は低いのだが、学習教材や辞書の様に必要な部分を読んでいく本だと索引や目次が重要になってくる。ところが時々目次や索引がイマイチな本に出くわすことがある。一昔前のオレであれば、文句を言っていたところだが、最近になって無ければ作ればいいという当たり前の発想にたどり着いた。

今はパソコンやネットがあるから入力は楽だし、ネットの書評や製品紹介の情報を上手く使えば、作業も多少効率化出来る。

本を素直にそのまま読むのも大事だが、効率は良いに越したことはない。一工夫で効率が上がるなら最初多少の時間ロスがあっても、将来の利益を見越してしっかり下準備をやっていこうと思っている。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました