自分のゴミは 他人の宝 クソ情報発信に思うこと

久々に自分のICレコーダーのフリートークの録音を聴いたがこれが悪くない。

つい一ヶ月くらい前にYou Tubeのネタ様にその練習段階としてフリートークを録音しトーク技術向上のためにセルフツッコミを入れて問題箇所に改善を図っていたのだが、録音した当時としては、とてもとても人に聞かせられる状況では無いと思っていた。

ところが時間を置いて聴き直してみると案外悪くない。話の内容はどこにでもある陳腐なテーマな上に構成はメチャクチャ、ボキャブラリーも貧弱だから、只々つまらない。しかし素人ならではの計算の無さや不慣れさが新鮮で面白かったりもする。

そんな感覚を味わったものだから、案外自分のクソ情報というのも他人のエンタメになるわけで、そう考えると何でも良いからアップロードというとコンテンツとしての魅力に乏しいが、何となくでも自分が記録に残したいとか伝えたいと思ったもの、というのは他人はもちろん後々の自分の楽しみにつながるとも思えてきた。

目に見えない、言葉にできないその時の臨場感とか感情、衝動に価値があるんだろうね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました