バイトは近所でしない方が良いのかもしれない

昨日のこと。昨冬は運送業の倉庫でバイトをしていたがチャリで買い物に出かけたら、先のT字路からバイト先のドライバーさんが出てくる。

オレはチャリ、相手はトラック、距離は2、30メートルあると思うが、相手はオレに気づいたはずだし、オレも当然のことトラックを見りゃ直ぐ分かる。

そう仲の良い相手でも無かったから(嫌いでもないが好きでもない微妙な関係)、対応に困ったのだが無視するには微妙な距離だったことも有り、会釈という無難な対応で逃げようと思ったところ、相手もこちらを察したようで顔の向きを変えオレを意図的に視界から外す。

この間1秒位だったと思うけど、短くない1秒だった。

近場で仕事をするのは通勤が楽でいいのだが、困るのは生活圏で職場の人と遭遇する確率が高いことである。お互い大人の対応をしないといけないから距離感のとり方が面倒なのだ。

相手が気の合う人間なら普通に雑談すりゃ良いけど、人間関係というのはそうでは無いことが大半で、嫌いな相手なら無視すりゃいいとして、グレーゾーンの人間が結構難しい、挨拶をしたところで気分が良いわけでもないし、誰かいるんじゃないかと思ってビクビクしながらあるき回るのも困りものである。

とにかく目を合わせないこと、見つからないことが大事だからスーパーなんかでは下を向いて歩くようにしている。同じ様に思ったり、行動している人は結構いるんじゃないかな。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました