情報発信するならゲーム系がいいと思った。

ブログでもYou Tubeでも良いけど、お金が稼げるかどうかは分からないが、手っ取り早く視聴者数は稼げるジャンルだと思った。

つまり趣味のものというのは何か新しいことが起きれば沢山の人が集まるし、ライフも長いから最初のブームが過ぎさった後も根強い固定客が残ってくれる印象がある。

ゲーム系コンテンツのメリットを書いてみる

◎映像のとりやすさ
 キャプチャ機能で直ぐに映像が撮れるので、カメラの場合撮影アングルに気を使ったりカメラ性能の制約を受けやすい。キャプチャの場合源流の画質を取り込めるので画質も安定している。

◯モチベーションが継続しやすい
 これはオレも経験済みだが、興味のあること好きなことだから継続しますよね。情報発信においてはやっぱり継続が大事。

◯自由で好きに書ける
 先程のモチベーションと重なるけど、ゲームというのは仕事でも勉強でもなく趣味のことだから、レベルの高低限らず自由に書けるのが良い。プレイして間もないときだと他の人に有益な攻略情報やしばりプレイで書くというのは大変だと思うけど最初の頃のワクワク感を表現するだけでもコンテンツをたくさん作れるのでは。

◯情報量の多さ(同時に競争の激しさという欠点もある)
 ゲームは他の人文系のコンテンツと違って情報源の発信する一次情報依存せずにプレイした分だけ情報が獲得できるのもいいですし、コアなプレイヤーが先行的に情報を出してくれているので、参考情報が多いのはありがたいですね。自分が攻略の第一人者になるのも良いでしょう。

◯数字の稼ぎやすさ
 オレもいろんなジャンルを書いてますけどゲーム系は手堅く数字が取れます。人気作や最新作もいいけど、競争の少ないニッチな作品もありだね。そこそこ名の通った作品ならプレイヤーが0ということはないのでPVは直ぐに稼げます。

◯間口の広げやすさ
 単純プレイ、攻略、しばりプレイ、システムやアイテム紹介。

結局稼げるのはしっかり映像編集の出来たり、ハイレベルな文章作成、演出が出来る人、更に言うと継続できる人なのだろうが、とりあえず何かを発信してみるという最初のハードルを超えていない人、つまり何も発信出来ていない人が大半なんじゃないかと思っている。とりあえず他人に評判はどうでもいいから何か上げてみろってとこだよね。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました