情報に価値を乗せる能力(下書き)

動画配信でもブログでもいいが、ここ数日は”情報に価値を乗せる”、こればっかりをよく考えていた。自分の情報発信を収益につなげたい。イヤ自分の能力の低さは分かっていたしマイペースにやろうと思っていたので別につなげたいとは思わないのだが、生きるためにはお金が必要なのは言うまでもなく、どうせなら自分の作った情報を少しでもマネタイズしようと思ったからだ。

自分の能力やポテンシャルを意識しつつ、ブログや動画配信でどれだけ稼げそうなのか、ネットで事例を見ていたわけだが、想像以上に難しいということに気づく、ただペラサイトやクソ動画等、コンテンツ制作に時間をかけなくても割と簡単な方法でマネタイズするスタイルというのもあって、たしかに方法としてはアリだと思った。

しかしながらこうしたコンテンツというのは参入障壁が低い分競争が激化しやすい傾向にあり、案の定最近中堅ユーチューバーが提唱しだしたクソ動画系がユーチューブ界隈を賑わしている。

クソ動画スタイルのようなショート動画や無編集スタイルはこれからも増えるだろう、つまり動画配信のブログ化

さて収益を目的にしない、単なる個人の日記として動画配信するなら特に問題はない、スマホで適当に撮ってアップロードすればいい、しかしユーチューバーや動画で配信しようという目的の大半はやはり広告収益のような直接的にせよビジネスのお誘いのような間接的なものにせよ収益化かと思う。

これから参入者が増え続けるクソ動画のジャンルでどうやってセルフブランディングをして検索順位を上げていくかということになる。

ルートは恥を捨ててメチャクチャなことをするか努力の二択or両方になるのだが

情報競争において

オリジナリティ、個性的な切り口、情報の有益性、笑い

ここは押さえるべきポイントだと思っている

またオレが評価しているユーチューバーはここの能力が高い

つまりはオレもこのポイントをしっかりものにしなければならないと考えており、ふと思い出したのは映画評論家の淀川長治さん。淀川さんは駄作でも必ずどこかしら褒めていたというエピソード。

”正しく”褒める能力というのは批評をする上で一番大事な要素かもしれない。ケチをつけるのは簡単。ただ正しく褒めるということは相手のキャラクターや能力はもちろんのこと対象物の事をある程度は理解していないといけない。つまりは審査する側にも能力が必要なわけだ。

先程挙げた4つのポイントをものにするのも経験や才能が必要、批評するにも同様、結局情報に価値を乗せるということは努力と才能が必要なのかもしれない。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました