成長するYou Tuberを観察してのメモ 大きいつづらを開けて落とし穴にハマる人

欲張りすぎるとファンはいなくなると思う
弊ブログこちらの記事の続きになる。大きいづづらは、童話舌切り雀に出てくるキーワード。

さて本体に入るが、炎上で急速に数字を伸ばした登録者数4桁レベルの中堅層の動向が興味深い。

彼らは単純に炎上だけで稼いだのではない。やはり配信者として能力が高いのは確かで、内容はしっかりと理路整然としていたり、笑いどころがあったり、演出が上手かったり、それを伝える高い話術があったりと、きちんとした裏付けがある。単純にYou Tubeでチャンネル登録者3桁以上あるような人は配信者というより人間として能力が高い

炎上で稼ぐことの危険は、炎上対象のジャンルのイメージがついてしまうことと炎上はいつまでも続かないこと、視聴者層の質が落ちること、結果冷静な判断能力が失われること、荒んだ視聴者や性質的には荒んだ炎上というテーマを扱い続けることで配信者の精神が荒んでしまうということだと思う。

類は友を呼ぶでまともな人は去っていくし、暇人とか人とうまくやってけない人とかまともじゃない人達の集落になる気はします。

こうして没落していく配信者には共通的な特徴があって、ジャンルを複数持てていない(リスク分散出来ない)というのが大きい。

炎上ジャンルで数字が稼げるとなると配信者はそこに集中して投稿し続ける。本来は自分の得意分野や趣味特技に関係するような好きなジャンルもやりたいのだが数字が稼げないとなるとリソースは炎上対象に注がれる。しかし炎上というのは例外であって通常ではない。通常ではない例外に通常を期待するから無理が生じる、その具体的な症状が動画の尺伸ばしだったり、似たような炎上テーマを何度も取り扱うようになり、そうなるとまともな視聴者はマンネリを感じ離れていくようになる。残るのは炎上好きな下品な暇人ばかり、そうなると登録者数、再生回数等表面的な数字は悪くないもののチャンネルの雰囲気は負のオーラを帯びるようになる。

低評価はもちろんアンチコメントや投稿主を褒めるコメントであっても第三者が見ると偏ったコメントが増えるといった目に見える形で。

炎上一本でやっていくと、他のテーマに移動できないのがキツイ状況だと思う。それも含めて配信者の実力と言えばそれまでだが

これはオレがいつか配信する時の自分への注意書きということで

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました