コーヒーはトイレが近くなるので冬場は控えることにする

ここのところトイレが近くて非常に困っていた。残尿感は強いし、さほど水分をとっているわけでもないのにトイレに行っても2、30分後にまた行きたくなる。かといって大量に尿がでるわけでもない。

つまり生活に支障が出ていたわけで、これはどうしたものかと困っていたのだが、よくよく考えてみたらコーヒーの飲みすぎが疑わしい。コーヒーには利尿作用があると聴く。

ここ最近は一日約500mlのインスタントコーヒーをほぼ毎日のペースで飲んでいたが、カフェインの摂取量が多すぎた気もする。500mlといえばペットボトル1本分、缶やPETのコーヒーだって1本あたり180~350mlくらいだから少ないはずがない。それに加え薄味を嫌って入れるコーヒーの量は多いからトータルで摂取しているカフェインの量は缶やPETの4、5倍はありそうだ。

そんなわけで気づくのが遅かったが、昨日からコーヒーを控えている。寒くない時期なら同じ量飲んでもトイレが近くなることはなかったんだけどね。まぁ何事も”過ぎたるは猶及ばざるが如し”ということで。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました