カレー作りのコツは煮込みと野菜選びなのかもしれない

カレー作りで試行錯誤していて、大分方向性が定まってきた。肉は牛肉が良いし、長時間煮込むと尚良い。圧力鍋で20分近く加圧したら、硬めのすじ肉も大分柔らかくなる。翌日になると更に肉の繊維がホロホロと崩れるようになりホテルやレストランに出されても文句の出ないハイレベルなカレーになる。

こうして1000円に足りない金額でもレストランで5000円くらい取れそうな美味いカレーを家でも作れるようになると外食というのがバカバカしくなってくる。レストランのカレーのコストの内訳の大半は煮込みの人件費と場所代だと思えて仕方ない。

さて煮込みの重要性については先程も書いた通り、煮物は弱火でゆっくり時間をかけて煮るのが良い。野菜も溶けて、肉もホロホロになる。さてもう一つのポイントがタイトルにも書いた通り野菜選びで、つい先日作ったカレーでは野菜選びで失敗したからこの記事のネタも出来た。

甘みを出すために人参を多めに入れたのだが選んだ人参は見切り品。ぱっと見それほど鮮度は落ちていないようだったし生で一切れ食べてみても、少し風味に乏しい印象はあったものの、別に変な味がするわけでもなかったので問題ないとは思っていたが、出来上がったカレーを食べ幾分落胆した。

少し酸っぱい。

ややトマトカレーの様な酸っぱさになってしまった。許容範囲ではあるもののこの酸味が美味い方に作用していない。やや脱線するが今回は肉に安い牛ステーキ肉と脂身を取るために鶏皮を入れたが、この鶏皮もいまいちだった。加圧により脂分はしっかりカレーに溶けたが質が良いとは思えない冷凍肉だからたくさん食べると気持ち悪さが出てくる。鶏皮は少し量を減らしてもう少し室の良いものを選べば正解だったかもしれない。

野菜はやはり多少余計にお金を払ってでも新鮮なものの方が良いかもしれない。鮮度が高ければ甘みは多いし、逆ならば酸味が強くなる。味において適度な甘みは旨味につながるから旬の新鮮な野菜を使ったほうがいい。

細かい失敗はしたものの一応は合格点の出来だったし、また一つ勉強できたので良しとしよう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました