将棋は勉強やスポーツにも役に立つ気がする。

これは好きな所に打てる囲碁では成立しない。駒ごとに動ける範囲が決まっている将棋だから言えること。

ここから書くのはちょっと前に詰将棋をやっていて思ったこと。詰将棋のいいところは空いた時間でサクッと出来るのに学べることが多いこと。やっていたのは一手詰の簡単なものだが、腰を据えてしっかり真面目に将棋なんてやったことはなかったから学びや発見はいろいろとあった。

一手詰はそうでもないが将棋というものは先読み力がつく。これは本当だと思う。相手の性格と駒の動きを予想しながら駒を指す。駒の動きは決まっているからそれぞれの駒の可動領域を把握する必要もあり、空間管理能力という点で考えるとこれはスポーツにも役に立つ。

予測と空間管理、まさに将棋は勉強やスポーツにもうってつけなわけだ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました