人間も冬眠を正式に導入すべきだと思う。

目を開ければ空はどんより曇っている。今日は天気が悪く目覚めが悪かった、理由もないのに気持ちが滅入る、わずかに不安や不快感がある。もちろん寒さも加担しているわけだが、オレに限らず日照時間が短く気温の低い冬になると不調を訴える人が多い。

こうした症状は冬季うつ病とか季節性感情障害(SAD)とも言われるらしいが、オレとしては病気ではないような気もする。動物は適性な生活環境が決まっており、そこから外れると無理をしないように不調になって疲れ信号を出して身体を休ませるように出来ているわけで、これは自然で合理的な身体の反応だと思っている。

疲れたら温かいところやなるべく身体の負担を軽くして休んで体力を温存したり回復すればいい。動物の冬眠はまさにそれで、動物が冬眠を見て彼らが病気だと言う人はいない。寒くなったり天気が悪い時にパフォーマンスが落ちるのは自然なことなのだから人間界も冬眠を導入して欲しいものだ。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました