酒を買う時はラベルの生産工場をチェックするのが良い

値段の手頃な酒をいろいろな飲み比べるのが好きだが、値段が手頃ということは粗悪なものに当たる確率が高いということでもある。悪酔いしたときは値段のせいにしていたのだが、かと言って酒にかけるお金を増やすという発想はない。

どこぞの記事で悪酔いしない酒は水が良いという話を思い出す。甲類焼酎は原材料はどこも大差ないし複数蒸留するから味の違いは出にくい。にもかかわらず良いものと悪いものがあって、その差は水にあるという記事を思い出す。

過去に悪酔いした酒をスーパーでみかけ生産工場を調べたら千葉県だった。千葉も広いから一概には言えないけど、住所を見た感じだと比較的市街地にある様子、一方悪酔いしなかった酒というのは工場の住所を見ると山奥っぽいところで作られている様子。

やはり値段や銘柄よりも生産工場、つまり水が大事なのかもしれないと思った。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました