水の良し悪しは酒で判断するのが一番だと思う

実績のある酒を飲み続ければよいのだがいろいろな安酒を試しているから悪酔いすることも少なくない。

飲み続け記録を取りづづけることで悪酔いする要件を見つけた。タイトルの通り水である。生産工場が市街地ならば悪酔いする確率は上がるし山奥ならば下がる。ロックや水割りやお湯割りをする時も水が悪いと、飲んだ時に味に臭みや違和感を感じるし、悪酔いの率も上がる。

理想は市販のミネラルウォーターを買うことなのだが、金もかかるし容器の廃棄が面倒。やはりコスパを考えると水道水になってしまうのだが、当然のこと水道水では水の質が落ちる。割と当たり前とは言え水道水を使う時は一度煮沸すると割った時の違和感や臭みが抜けることを身を以て知らされた。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました